大阪・豊中市庄内・ペインクリニック・漢方『こうり痛みと漢方の医院』痛みを専門的に扱うクリニックです。神経痛・腰痛・関節痛など、痛みを神経ブロックや漢方などで治療します。お悩みの方は、当院へご相談ください。

腰の痛み

腰の痛み

腰痛には急性のものと慢性のものがあります。

 急性の腰痛とはいわゆるぎっくり腰です。
 ぎっくり腰は、不自然な姿勢をしたり、不用意な動作で体重を不自然にかけたり、不意に動作を行って急激に筋肉を収縮させたときに起こります。くしゃみや咳をしたときにも起こります。
 ぎっくり腰を起こしやすい姿勢として中腰の姿勢がありますが、同じ姿勢を長い時間続けたときも、ぎっくり腰をおこしやすいものです。普段の生活でいえば、重い荷物をもって腰をひねったり、腰を曲げずに布団や荷物などを持ち上げたり、充分なウオーミングアップをせずに運動を始めたりするなど、ぎっくり腰を起こす場面はたくさんあります。

ぎっくり腰 ぎっくり腰には大きく分けて3つの原因があげられます。1つは、腰椎と腰椎の間にある関節が傷ついて痛みが出てしまうもの。例えば、膝の関節を捻ってしまったような状態が背骨に起きた場合と考えてください。これを腰椎椎間関節症と言います。この部分に針を刺して局所麻酔薬や抗炎症作用のある薬を直接投与することで痛みが改善します。
 もう1つは脊柱起立筋やその筋膜に小さな傷が起こった場合です。ちょうど首の寝違えのようなものが腰に起きた状態と考えてください。もちろんレントゲン撮影や血液検査をしても異常が見られません。以前は安静にして鎮痛薬を服用するしか治療方法がなかったのですが、超音波機器の発達によって筋の小さな傷が可視化できるようになり、その部分に注射をすることで痛みを取ることが出来るようになりました。
 あとは,広い意味でのぎっくり腰で、背骨が折れたりつぶれたり、椎間板に異常が起こる場合です。この場合は,もともと骨が弱くなる病気があって、例えば腫瘍、骨粗鬆症、細菌の感染などがあって、これにちょっとした力が加わるだけで骨折したり、椎間板ヘルニアを起こしたときに発生する強い腰痛です。この中には、稀にがんの転移や感染などのたちの悪い腰痛の初期症状であることがあります。1週間以上たっても痛みが強くなるようでしたら専門家を訪ねて、正しい診断と治療を受けることが必要です。
 いままで、ぎっくり腰の第一の治療は安静とされてきました。しかし、安静は必ずしも有効ではなく、アメリカの急性腰痛に対する治療ガイドラインでは短期間のうちに苦痛を最小限にするために有効な治療を行うべきであると述べています。そのため発症早期にペインクリニックで神経ブロック療法を行うべきです。

慢性の痛みは多数の原因

慢性の腰痛 腰痛の診断を厳密に行い、どこが悪くて痛いのかを調べる必要があります。 例えば椎間板が悪い方(椎間板ヘルニアなど)、脊髄の通り道が狭くなっている方(脊柱管狭窄症)、腰の椎間関節が変形してしまっている方(椎間関節症)、腰椎が変形したり崩れてしまっている方(腰椎変性すべり症)、筋肉が衰えたせいで腰を支えきれず慢性の筋肉痛になっている方、また心理的な要因で腰痛が持続している方もいます。
 特に高齢の方で多いのが脊柱管狭窄症による腰痛・下肢のしびれです。腰がのびた状態で痛みが強くなったり、数分ほど歩くと歩けなくなり腰から足の裏にかけて痛んだり、しびれたりします。そして、数分休むとまた歩けるようになるというのが一般的な症状です。腰椎の老化によって脊柱管の下の方の内径が狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫するために起こります。
 どのような原因で痛みが出ているのかをしっかりと診断した上で、その原因ごとに治療方法があります。来院なさった際にしっかりと詳しく診断結果をお伝えします。

腰痛の治療

 痛みには主に神経ブロックを行います。また、当院では漢方薬を併用します。漢方で痛みのストレスを軽くし、痛みのストレスに十分打ち勝つ力を高めます。
当院では下記の治療を組み合わせて、腰痛を治していきます。

  1. 薬物
    消炎鎮痛薬・筋弛緩薬・弱オピオイド薬・抗うつ薬などが標準治療として処方されることが一般的ですが、当院ではこれら標準的な処方のほか、漢方薬を中心に構成します。
  2. リハビリテーション
    腰の筋肉を低周波で刺激し、筋肉をほぐす治療があります。
  3. 注射(当院における中心となる治療法)
    注射治療には様々な方法があります。腰痛の原因が神経か、筋肉か、腰椎の椎間関節か、それ以外によるものか、によって選択する注射が変わります。
    1. 神経ブロック注射
      腰痛の原因が神経である場合に選択します。圧迫や狭窄によって神経の通り道が物理的に狭くなって痛みが出ている状態では、痛みのせいで神経は腫れあがってしまい、さらにより狭くなってしまい、そしてまたさらに痛みが強くなってしまう、という無駄な悪循環を起こしています。一方で、痛みが持続していると痛みを感じるレベル(閾値)が下がってしまい痛みに過敏な状態になり、さらに痛みを強く感じるという悪循環もおこしています。
      神経ブロックは、痛みの信号が脊髄神経に伝わらないようにするだけでなく、これら痛みの悪循環を改善します。硬膜外ブロックや神経根ブロック、後枝内側枝ブロック(椎間関節の痛み)など様々な種類がありますが、適応を適切に判断して選択します。
    2. トリガーポイント注射
      圧痛点に局所麻酔薬を注射することにより、一時的に痛みを遮断し、血流を改善・増加させ、筋肉の緊張を和らげます。
    3. 筋膜リリース注射(保険対象外)
      近年注目を集めている治療方法です。超音波機器の発達により、いままでは見えなかった筋肉と筋肉の間の筋膜同士が癒着を起こしていることが可視化されるようになりました。
      腰の筋肉は多裂筋・最長筋・腸肋筋・大腰筋・腰方形筋などたくさんの筋で構成されています。これらの間の筋膜が癒着し、筋肉同士の動きを互いに制限して運動時痛を起こしていることが超音波でリアルタイムに目で見えるようになったので、確認しながら生理食塩水で癒着を剥離します。
  4. 手術
    手術が必要な場合は、適切なタイミングで脊椎外科に紹介します。

クリニック情報
Clinic Information

〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町3丁目19−24

庄内WEST商店街 ダイエーすぐ
※商店街の中にあるので、車では来院できません

阪急宝塚線「庄内」駅 西口より 徒歩約3分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6332-4114
診療時間
9:00~12:00

★…土曜は9:00~14:30
受付時間:初診は平日11:00まで・土曜日13:30まで 

休診日木曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2019 こうり痛みと漢方の医院 All Rights Reserved.
インターネット予約はこちらインターネット予約はこちら ページTOPへ戻る